Loading

Sakaseruブログ

Sakaseruフラワーデザイナー森のイベント装花

こんにちは、Sakaseruスタッフのイワサキです。

今日は、Sakaseruフラワーデザイナーの森がイベント装花を担当したということで、
急遽、その模様をご紹介させていただきます。

そもそも装花って何?

あまり聞きなれない言葉ですが、主に店頭のディスプレイなどをお花で装飾することです。
みなさんもデパートのショーウィンドウや、アパレルブランドの開店祝いパーティなどにお花で装飾された空間を見たことがある方も多いのではないかと思います。
今回、ご紹介させていただく森の様に、Sakaseruのフラワーデザイナー達は、店舗を構え、その店頭でのオーダー制作をベースに、様々なイベント、またはホテル・デパートの装花、空間コーディネートなどを手掛けています。
「フラワーデザイナー」と呼ばれるトップレベルのスキルを持ったお花の巨匠たち。「花」という表情豊かな素材を駆使して表現される作品を是非みなさんにも知ってもらいたいと思いご紹介させていただきます。

そんな彼らの作品を通して、「こんなお花の表現の仕方があるのか」、「この人にお花をオーダーしてみたい」など少しでもみなさんのお花への興味に繋げていただければ幸いです。

花咲くテラリウム

花の香りに包まれる春満喫イベント
開催日:2017.4.19 Wed〜23 Sun
場所:テラリウム表参道

「テラリウム表参道」にて開催される化粧品ブランド【INFIORE(インフィオレ)】の春の訪れをお祝いするようなスペシャルイベント。植物のパワーを楽しく感じていただけるように、店内をたくさんの生花でデコレーション。思わず写真を撮りたくなるようなフォトブースや、インフィオレの魅惑的な香りとテクスチャを体験できるコーナー、また開催期間の5日間は、「美」を外側からも内側からも磨くスペシャルプログラム満載のワークショップなども用意されているようです。

IN FIOREとはイタリア語で『開花』を意味するそう。

美しき人生の開花とは何か。
生命の息吹を感じる季節に出会う、一つの体験が答えとなる。
その体験は、まだ触れたことのない感動を生む。
その感動は、内なる美しさを咲かせていく。

〝花を通して人々の想いが伝わり、その感動が一生の思い出となり、その連鎖で美しい笑顔が世界中に咲いていく〟という
Sakaseruの願いとシンクロしているなあと感じました。

そして、こちらの装花をフラワーデザイナーの森が手掛けております。
【開花と出会い】をテーマに、満開のフラワーガーデンのように、たくさんの花で埋め尽くされていました。

会場の様子


▲エントランスから道行く人も思わず立ち止まりたくなる華やかさ


▲階段横には沿うようにしてお花が続いています


▲店内にはフォトブースも


▲2階には、お花が敷き詰められたフラワーテーブルがありました


▲陽の光により一層鮮やかに輝くピンク色

花の香りに包まれる春満喫のイベントという名の通り、
店舗いっぱい、中から外までピンクをメインとした春らしさ満開のディスプレイ。

優しい色から鮮やかな色までピンク色のグラデーションと、窓からのぞく新緑の美しさと力強さに、
IN FIOREの2017年のテーマでもある【強く、美しく、華やかなエネルギーに出会う】ということを体験したような感覚になりました。

フラワーデザイナー森宏之

〈プロフィール〉
恵比寿駅前SORCERY DRESSING(ソーセリー・ドレッシング)オーナー。その店頭でのオーダー制作をベースに、VOGUE主催ファッションアウトナイト2015、AMEXブースの装花、世界一周旅客線のディスプレイ・各国大使館の装花・黒川紀章様花装飾・芸能プロダクション各種お花のご依頼・白金エステパスカル様等恵比寿周辺のショップの定期装花・アパレルMARNI様・新宿伊勢丹・渋谷パルコ・原宿ラフォーレ等での展示会装花・デザイン事務所との空間コーディネート担当・元ラグビー学生日本代表・フランス料理調理師

森は、恵比寿に「SORCERY DRESSING」という店舗を構えています。
sorcery=魔法
dressing=仕上げ、手入れ、装飾
 という意味です。

制作に関して、「植物に手を加え造形的なものを作り出すこと」
また、「植物自体の性質を理解し、過剰に手を加えず、ありのままの姿を生かすこと」
森は、このふたつを使い分け、sorceryで少しの驚きと、わくわくを与えられる商品を生み出しています。

森のナチュラルでありながらインパクトのある、まるで魔法のような仕上げのお洒落なフラワーギフトにはひとつひとついつも感動させられていますが、そんな彼の魅力を空間で感じることの出来る今回のイベント。
今週末の23日まで開催しておりますので、お時間ある方は是非お足を運ばれてみてください。

また、Sakaseruのサイトでは森の作品事例を沢山ご紹介させていただいておりますので、是非チェックされてみてください。

森の作品はコチラから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして

自宅用の花をSakaseruでオーダーしてみました

関連記事

  1. はじめまして

    2017.04.12
  2. 自宅用の花をSakaseruでオーダーしてみました

    2017.04.27
  3. 男性への誕生日ギフトをSakaseruでオーダーしてみました

    2017.05.04
  4. ちょっと早めに母の日フラワーギフトを贈ってみました

    2017.05.10
PAGE TOP