フラスタ・楽屋花のSakaseru

デザイナー選びや
予算について
スタッフに
無料相談!
前澤 章人 Maesawa Akihito

力強い美しさがテーマ

フローリストの道を選んで三年目にイタリアへ渡りフラワーデザインの楽しさと自由さを学びました。21年間、花を束ね続けています。

対応可能

バルーン

装飾

染め

プリザ

造花

前澤 章人

Maesawa Akihito

力強い美しさがテーマ

フローリストの道を選んで三年目にイタリアへ渡りフラワーデザインの楽しさと自由さを学びました。21年間、花を束ね続けています。

対応可能

バルーン

装飾

染め

プリザ

造花

オーダー可能な日にち お届けできない日

受注可能なオーダー金額

花束 ¥5,000〜
生花アレンジ(置けるお花) ¥5,000〜
スタンド花(関東ご配送) ¥25,000〜
ボックスフラワー ¥6,000〜

別途、送料・消費税・システム利用料5%を頂戴いたします。

配送可能な地域

アレンジ花(プリザーブド・ドライフラワー含)は全国配送可能です。

※現在は 北海道 沖縄県 への配送を承っておりません

スタンド花の配送可能な地域は をご覧下さい。

前澤 章人さんってどんなお花屋さん? Maesawa Akihito

花本来の美しさと強さをお愉しみ下さい

from Sakaseru Staff

立川駅近くにお店を構える前澤さん。お店の中には前澤さんがこだわってセレクトした花の数々が所狭しと並んでいます。週3日必ず市場に足を運び、自らの眼で選び抜いた花々は生命力に溢れています。是非、前澤さんがセレクトし、束ねた力強くも美しい花々をお愉しみ下さい。

お客様へのメッセージ Message

花のもつ美しさ・力強さを伝えるデザインをテーマにしています。

from Maesawa Akihito

「力強い美しさを持った花を仕入れ、デザインする」ことが私のスタイルです。
Sakaseruのお客様はお目が高く、その分ご要望を頂けると思いますので、お客様の想像以上のお花を作れるよう、張り切ってがんばります。

オーダーされたお客様からのファンレター Fan Letters

黒をメインカラーに華やかな差し色でおつくりしたご出演祝い花・楽屋花

2024年5月24日

素敵なアレジメントに仕上げていただきありがとうございます。
黒を基調としつつ華やかでお祝いの気持ちが伝わりそうです。また初夏らしい色使いも素敵です。
依頼して良かったです。また機会がありましたらよろしくお願いします。

立川ステージガーデン 公演 [ときめきメモリアル 30th ANNIVERSARY LIVE エモーショナル presented by TOKYO MX] 津野田なるみ様、中友子様 ご出演スタンド花

2024年5月20日

近くで見るとお花ひとつひとつがしっかり見えてかわいいし、遠くから見るとハート型がちゃんと見えてかわいい、素敵なフラスタでした!
お花もリボンも素敵に仕上げていただけて嬉しいです!

相模原市あじさい会館 公演 [新星劇団☆山田ふぁみりー 薫風公演] 新星劇団(山田隆二様、北原薫様、山田将太郎様、北原舞美様、山田光太郎様、北原さくら様) ご出演祝い花・楽屋花

2024年5月10日

この度もありがとうございました(^_^)/
前澤さんにはいつもイメージをそのままお花で表していただけるので、本当にありがたい限りです(*^.^*)
またまた期待以上のアレンジメントで、2日連続で感激のため息を漏らしております(゜ロ゜)♡
新緑と紫のお色がブルーの涼しさに爽やかさを加えているようで、この季節におあつらえ向きなアレンジメントだと思いました。
何よりポスターがそのままアレンジメントになったような印象で、感激のみならず驚きも覚えてしまった次第です。

Flowers

前澤 章人さんの Sakaseru作品事例

Customer's Review

前澤 章人さんの お客様の声

  • 2024年05月23日

    私からの依頼内容が抽象的でしたが、要望を満たした上で「初夏の爽やかさ」も取り入れた華やかなアレジメントに仕上げていただき大変満足いたしました。

  • 2024年05月08日

    リピートオーダー、それもデザイナー前澤章人さん一択でお願いしました。 今回驚いたのは、イメージの参考資料として公演のポスターを貼らせていただいたのですが、まさにそのポスターがそのまアレンジメントになったような仕上がりだったことです。お届けした新星劇団のみなさまからも異口同音に「いつもとは違うけれど、初夏っぽくていいですね!」といただきました。「ポスターのイメージで作っていただきました」と申し上げたところ、感嘆の声が上がりました。 私はもちろんですが、新星劇団のみなさまも楽しみにしていて、その期待を上回るアレンジメントに感動したので上記の評価とさせていただいた次第です。

  • 2024年05月07日

    お届けした山田光太郎さんと北原さくらさんが気に入ってくださったことが最も大きな理由です。 今回はデザイナーの前澤さんとの打ち合わせの中で当初オーダーしなかった紫の胡蝶蘭「ミッキー」を用いることになりました。ご両人が大のディズニー好きで、出会いもプロポーズもディズニーのパークだったというエピソードから加えることにした次第です。 果たして手渡したときにさくらさんが涙を浮かべて喜んでくださいました。公演のエンディングで一人ずつ謝辞をのべるときも涙が止まらず、声を震わせながらスピーチしたほどでした。 感動的なシーンのアイテムになったことで、個人的にも忘れられないプレゼントになりました!